柴犬 さねしげの成長日記

実成、予防接種の副作用に悩む

time 2017/11/17

実成、予防接種の副作用に悩む

調子悪くて大人しい実成

sponsored link

下痢の症状が出てしまった模様だが…

実成が2回目の予防接種を受けてきたとのことで、副作用が出ないか注視していましたが、私が寝る時間までは、いつもより大人しいということ以外には特段変化は認められませんでした。

 

しかし、夜中に「キュン、キュン」と切ない声が聞こえて目が覚めて実成を確認しにいくと、奥さんが起きていて実成の様子をずっと見ていたことを知りました。

 

外見上確認できるような重度の副作用は確認できないものの、どうやらお腹を壊してしまったようで下痢の症状が出てしまっていました。

 

実成は通常、1日2~3回のペースなのですが、夜中だけで4回もくだしてしまったみたいです。

 

心配そうにずっと見ていた奥さんによると、実成も恥ずかしいのか、こんなはずじゃないと言わんばかりの表情でこちらを見てきたそうです。

 

そして、お腹が痛くて調子が悪いのか、お腹をくだす前には必ず「キュン、キュン」と切ない声で奥さんを呼んでいた模様です。

 

私が朝起きて確認したところ、元気な様子でしたが、まだ少しお腹をくだしている模様でしたので、病院に連れて行かなければならないかなと心配しながら仕事に行ったのですが、帰ってきたら、「夜の調子悪いのは何だったの?」と言わんばかりの勢いで走り回るので驚かされると同時に一安心しました。

 

「体が自由に動かせるのって楽しいですね!」と言わんばかりの勢いで今までで一番元気かつハイテンションで遊んでくださいアピールしてきています。

 

食事もお湯で十分に柔らかく蒸かしてから食べさせましたが、すっかり元気になって前よりもすごい勢いでぺろりと食べてしまいました。

 

心配なので少し量は少なめにしておきましたが。

犬の予防接種をする時の注意点

副作用が出る可能性があることは認知していたものの、手術後とかならまだしも予防接種くらい大丈夫だろうと少し軽く見ていたかもしれません。

 

副作用というかストレスに起因するものの可能性も否定できませんが、

 

今回の事案を通して学んだことは、

 

犬の予防接種で病院に行く時は、必ず犬の体調が万全であることを確認するとともに、動物病院へは必ず、午前中の早い時間に連れて行くべきだという点です。

 

体調は万全でしたが、動物病院の時間は午後にしか予約取れなかったのでこの点は改善の余地ありです。

 

今回は下痢程度なので幸い大事には至ることはありませんでしたが、危険な副作用は注射した後にわりと直ぐ副作用が起きることが多いとのことなので、その場にいればすぐ診てもらえるし、接種後30分くらいは院内で待機していた方が良さそうです。

 

犬の予防接種によって副作用が起きるのは約1%と言われていますが、その1%のうち死亡率は5.5%となっているので肝に銘じておきたいところです。

 

軽くググっただけでも、予防接種を受けた方が良い説と否定説の双方ともにあり、この分野に関しては知識がなさ過ぎてどの情報が信頼を置けるものか瞬時に判断できなかったので、時間がある時に調べたいと思わされました。

 

いずれにせよ、いち早く実成の異変に気付き、一晩中実成の様子を見てくれていた奥さんには感謝です。

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

実成(さねしげ)

実成(さねしげ)

私が前からずっと飼いたかった柴犬ですが、実成(さねしげ)に一目惚れした奥さんに対し、私が今はまだ早いと諭したところ、「これから柴犬を飼うことはあっても実成とはもう一生会えないし、私は実成が欲しい」と泣いて欲しがったのを契機に2017年10月に我が家に招き入れました。 [詳細]



sponsored link