柴犬 さねしげの成長日記

散歩トレーニング第2弾

time 2017/11/17

散歩トレーニング第2弾

 

先日、代々木駅から程近くに所在する平田神社に参拝してきました。

 

国学者平田篤胤(あつたね)を祀る神社ですが、今まで参拝したどの神社よりも住宅地に溶け込んでおり、神社という感じを全く受けない不思議な神社でした。

 

ここの神社の御朱印は神代文字で頂けるのですが、神代文字を見て第一に頭に浮かんだのは、「ハングル文字と似ているな…」ということでした。

 

神主さんがいたので話をしてみたのですが、平田神社としては、神代文字は日本古来のものでハングル文字の影響はないとの立場を主張するかと思いきや、一方的な見解ではなく、研究者の間でも論争があるとの中立的な見方を教えていただけました。

 

代々木というよりは、都庁からの方が近いかなという絶妙な位置に所在する平田神社ですが、神社好きでもない限り、意外とご存じない方も多いかもしれません。

はやく実成といろんなところに散歩に行きたいです^^)

新宿にひっそりと佇む平田神社

 

sponsored link

リードが遊び道具だと思っている模様…

 

さて、実成についてですが、

 

実成の散歩解禁まで残り1か月を切りました。

 

群馬のような田舎に住んでいたら、こんなにいろいろと訓練しないで適当に散歩に連れて行っても構わないのですが、都心で生活していると、車通りなども激しく他にも犬にとっての危険が多いので、実成が言うことを聞かずに暴れて走り出して交通事故に遭ったら大変ということもあり、事前に多様なトレーニングをしています。

 

毎日読んで参考にさせてもらっている柴犬ブログがひとつあるのですが、それを読んでこの思いを強くしました。

 

ちなみに、その方は都心に暮らしていたのですが、愛犬のために田舎に引っ越されている超人です^^)

 

こうした心配があることから、バックに入れて外に連れていくのみならず、散歩トレーニングの第2弾として、家の中で実成にリードをつけて一緒に歩く練習を少し前から始めました。

 

テンションが上がり過ぎて、首輪にリードを装着する段階で暴れます。

 

リードを装着した後も、紐で遊んでもらえていると勘違いしているのか分かりませんが、リードに嚙みついてきて大変です。

 

とはいえ、実成はとても楽しそうで、ハアハア息を切らしながら一生懸命遊んでいます。構われているのが嬉しいのでしょうか( ^^)?

 

早くこの一連の流れに飽きて、大人しくなる日はくるのでしょうか?

 

自分が柴犬を飼うまでは、犬なんてただ外を歩かせておけばいいと考えていたのですが、今では外で散歩している方々を見る目が変わりました。

 

伸び伸びと楽しく育てて上げたいのですが、まずは事故に遭ったり、道端に堕ちている変なものを食べないか心配です。

 

先日も私が不注意で食べこぼしていたサーターアンダギーと柿ピーの小さな破片を食べてしまっていたので…

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

実成(さねしげ)

実成(さねしげ)

私が前からずっと飼いたかった柴犬ですが、実成(さねしげ)に一目惚れした奥さんに対し、私が今はまだ早いと諭したところ、「これから柴犬を飼うことはあっても実成とはもう一生会えないし、私は実成が欲しい」と泣いて欲しがったのを契機に2017年10月に我が家に招き入れました。 [詳細]



sponsored link