柴犬 さねしげの成長日記

犬の十戒って知っていますか?

time 2017/11/17

犬の十戒って知っていますか?

遊んでくださいとかまってほしいアピールをする実成(さねしげ)です☆

突然ですが、犬の十戒って知っていますか?

犬好きな方の間では有名らしいのですが、私はつい最近「犬の十戒」なるものを知りました。

ペットとして飼われることとなった犬と人間との望ましい関係を、犬が人間に語りかけるという形式で訴える内容で、書籍や映画などにもなっている模様です。

以下はその原文と対訳ですが、犬を飼っている方以外にも是非知っておいてもらいたい内容だと感じました。

いや、私が遅れているだけで、もう知っている方の方が多いんでしょうかね。

 

私は十戒と聞いたら、真っ先に七つの大罪十戒という魔神族を率いる集団をイメージしてしまいました,,,

七つの大罪 十戒メンバー名

sponsored link

犬の十戒の原文

  1. My life is likely to last ten to fifteen years. Any separation from you will be painful for me. Remember that before you get along with me.
  2. Give me time to understand what you want of me.
  3. Place your trust in me- it’s crucial to my Well-being.
  4. Don’t be angry at me for long and don’t lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.
  5. Talk to me. Even if I don’t understand your words, I understand your voice when it’s speaking to me.
  6. Be aware that however you treat me, I’ll never forget it.
  7. Remember before you hit me that l have teeth that could easily crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
  8. Before you scold me for being uncooperative, obstinate, or lazy, ask yourself if something might be bothering me. Perhaps I’m not getting the right food or I’ve been out in the sun too long or my heart is getting old and weak.
  9. Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
  10. Go with me on difficult journeys. Never say, “I can’t bear to watch it .” or ” Let it happen in my absence.” Everything is easier for me if you are there. Remember I love you.

日本語訳

  1. 私の一生はだいたい10年から15年です。あなたと離れるのが一番つらいことです。どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しいのです。
  2. あなたが私に何を求めているのか、私がそれを理解するまで待って欲しいのです。
  3. 私を信頼して欲しい、それが私にとってあなたと共に生活できる幸せなのですから。
  4. 私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。でも、私にはあなたしかいないのです。
  5. 時々話しかけて欲しい。言葉は分からなくても、あなたの声は十分私に届いています。
  6. あなたがどのように私を扱ったか、私はそれを決して忘れません。
  7. 私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しいのです。私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、あなたを傷つけないと決めているのです。
  8. 私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、私が何かで苦しんでいないか気づいて下さい。もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。それとも、もう体が老いて、弱ってきているのかもしれません。
  9. 私が年を取っても、私の世話はして下さい。あなたもまた同じように年を取るのですから。
  10. 最後のその時まで一緒に側にいて欲しいのです。このようなことは言わないで下さい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。あなたが側にいてくれるから最後の日も安らかに逝けるのですから。忘れないで下さい、私は生涯あなたを一番愛しているのです。

心が弱っている時に読むと泣きそうになります…

人さまに迷惑かける犬にならないように躾として無視したり、叱ったりしなければいけないのですが、これを読むと悩ましいです。

そして、自分の心が弱っている時に読むと泣きそうになります。

特に、「私にはあなたしかいないのです」のところが私の心に響きました。

犬の十戒は、これから犬を飼う人だけでなく、すでに犬と暮らしている方々にも読んでいただきたい内容です。

先週あたりから噛み癖が出てきたり、ワンワン泣くようになったので少しきつく叱ってしまってしまったので、実成を可愛がってやろうとの気持ちを再確認した日でした。

ただ、しっかりと躾をしないで悪い柴犬になってしまっては実成にもかわいそうなので難しい毎日を過ごしています。

柴犬ブログのランキングに参加しています。

 

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

実成(さねしげ)

実成(さねしげ)

私が前からずっと飼いたかった柴犬ですが、実成(さねしげ)に一目惚れした奥さんに対し、私が今はまだ早いと諭したところ、「これから柴犬を飼うことはあっても実成とはもう一生会えないし、私は実成が欲しい」と泣いて欲しがったのを契機に2017年10月に我が家に招き入れました。 [詳細]



sponsored link