【犬の避妊手術】費用、メリット、デメリット、実体験も踏まえて是非について考えてみる

【犬の避妊手術】費用、メリット、デメリット、実体験も踏まえて是非について考えてみる

愛犬に避妊手術を受けさせようか悩んでいる飼い主の方もいると思いますが、我が家のさねしげには避妊手術を受けさせました。

そこで、避妊手術に関する費用・メリット・デメリット・実体験をまとめるとともに、さねしげの時の様子を写真を交えてご紹介したいと思います。

病気の回避や、本能的に子孫を残そうとすることを我慢させる必要がなくなることを重視する人いますし、健康な臓器を取り出すことに抵抗を覚える人もいますので、どちらが良いかという問いに対する答えは出ないと思います。

すべては飼い主が決めるしかなく、熟慮の末の結論であれば、おそらくはそれが正しいのでしょう。

避妊手術とは?

通常、犬のメスは生後6~12ヶ月で成犬としての体ができあがり、妊娠できるようになります。

その後は定期的に発情期を迎えて、子犬を出産できるようになるのです。

避妊手術とは、メス犬の子宮と卵巣、もしくは卵巣のみを摘出することで、妊娠できない体にするためのものです。

避妊手術の費用

避妊手術の費用は犬種や犬の大きさ、動物病院の設備や価格設定により異なってきます。

一般的に開腹を伴わないオスの去勢手術に比べ、当然高額になります。

おおよその避妊手術費用は3万円~5万円前後と幅がありますが、大型犬や都心部ではそれ以上必要になることもあります。

術前検査をどこまで行うか、日帰りか入院かなどによっても当然価格は変わってきます。

実際、さねしげの場合はこんな感じでした。

さねしげの手術代内訳

診察  :900円

手術料 :49、500円

心電図 :4、000円

PK使用料:4、000円

エリザベスカラー:1、800円

合計:65000円

この他、術前検査に1万円程度でしたので7万5000円くらいでした。

避妊手術のメリット

避妊手術を受けさせると、当然妊娠はできなくなりますが、その他にも色々な影響があります。

病気の予防

避妊手術をすると、メス特有の病気にかかりにくくなるというデータがあります。

乳腺腫瘍

名前の通り乳腺にできる腫瘍で、メス犬では最も多い腫瘍だと言われています。発症すると50%が良性、50%が悪性と言われていて、悪性の場合は肺転移などを起こし亡くなる事もある病気です。初回発情前に避妊手術を行った場合は、99.95%という高い確率で発症を防ぐことができます。ただし、1回目の発情を迎えてしまってから手術をした場合、予防できる確率は92~94%へと落ち、さらに2回目の発情を迎えてしまったあとに手術をした場合は74%と減っていきます。発情を迎える度に予防できる確率は落ちていくため、発情期前の避妊手術を推奨する獣医さんは多いのです。

子宮蓄膿症

外部から細菌が入りこんで子宮の中で増殖し、子宮内に膿が溜まる病気です。やがて、たまった膿で子宮がパンパンに膨らみます。そして子宮が破裂するなどして、子宮内の膿が全身に回ってしまうと、ショック症状を引き起こして死んでしまう可能性がある、非常に恐ろしい病気です。また、中高齢で発症するため、発症したときには麻酔リスクやショック症状を起こす可能性が高くなります。

発情中のストレスを減らすことができる

発情期は年に1~2回の頻度でやってきて、10日間ほど続きます。

発情期間中のメス犬は「落ち着かない」「食欲がない」「不安そう」「オスの近くへ行きたがる」など普段と違った様子を見せます。

ストレスを感じやすい時期で、神経質になる犬もいます。普段とあまりにもかけ離れたような行動を示すこともあり、飼い主さん側がショックを受けるケースもあるようです。

避妊手術によって、こういった発情中のストレスを減らすことができます。

生理トラブルに悩まない

メス犬は、早ければ生後6か月を過ぎた頃から、発情期の前に8日間ほど出血が見られるようになります。

出血量には個体差がありますが、人間のように大量に出血をすることはなく、少量垂れる程度の出血とされています。

とはいえ、家具や床を汚してしまうこともあるので、清潔な環境を維持してあげるために、血が垂れたら都度ふき取ってあげる必要があります。

生理用おむつなどのような対策グッズはありますが、おむつを履かせたままオシッコやウンチをすると皮膚が蒸れてしまうので、一般的にはおむつを一度脱がせてからトイレをさせます。

そうすると、飼い主さんは家を長時間空けることが難しくなります。

このような生理の対策についても、避妊手術をすれば考える必要はなくなります。

避妊手術のデメリット

ここまではメリットについて言及してきましたが、以下は避妊手術を受けさせることで考えなければならないデメリットもみていきます。

全身麻酔のリスク

未だに解明されていない麻酔のメカニズム

避妊手術は、全身麻酔のもと行われます。この全身麻酔、実は非常に繊細なものなのです。

麻酔の薬剤が脳に届くことで意識がなくなっていくのは、人も動物も同じなのですが、麻酔薬が脳にどのように作用していくのかという詳しいメカニズムについては、現代の人間の医療においても未だに解明されていません。

麻酔から覚めないケースがある

投与する麻酔の量が適性量よりも少ないと効果は得られず、反対に多いと麻酔から覚めることができずに、そのまま亡くなってしまうことがあります。

犬が麻酔によって死に至るケースは稀ではあるものの、可能性はゼロではありません。

動物病院でもきちんと説明をされると思いますが、麻酔によるリスクについて解説している書類に同意のサインを求められることもありますます。

まとめ:さねしげの場合

避妊手術前のシャンプー

普段は慣れさせる為に自宅でシャンプーですが、今回のような入院や注射などの時はきっちり洗ってもらえるサロンを利用することにしています。

外出続きになるのでストレスによる下痢予防にビオフェルミンをあげましたが、さねしげはビオフェルミンが大好物のようです。

避妊手術の相談検査

さて、今日のさねしげですが、避妊手術の相談検査のために動物病院へ行きました。

心音検査、血液検査共に問題なくクリアして一安心です。

入院準備のため、ネクスガード28、3というカッコいい名前のノミ、ダニ薬をもらいました。

全部諸々合計して1万円くらいでした。

採血時も微動だにせずじっとしているとても良い子です。

あまりにも大人しいのでいつも褒められます。

助手のお姉さんに撫でられて尻尾をフリフリして楽しそうでした。

帰宅してからも舌を出しっぱなしで楽しそうに過ごしていました。

避妊手術に向かう当日の様子

朝から声掛けして撫で撫でしましたが、手術前はご飯を食べてはいけないとのことで、ご飯がもらえずに珍しく吠えていました。

かわいそうな声を出すので、ごまかすためにボールで遊んであげました。

病院へ行くために散歩を開始しましたが、手術するとは知らずに楽しそうです。

病院についても1人だけテンション高くて少し浮いている感じだったのは内緒です…でも楽しそうで良かった

さねしげのいつも食べてるご飯とおやつ、歯磨きペースト、クッション、フリースブランケットを持ち込みで預けてきました。

数時間後、さねしげの手術が終わり、麻酔から無事目が覚めたとの電話がきて一安心しました。

これで将来的な病気のリスクも低減させることが出来ました。

さねしげには10年、20年と生きて欲しいです

1日、2日お家にいないだけで、すごくつまらない感じがします、

早くさねしげ帰って来ないかな

(楽しすぎて立って散歩する恥ずかしいワンちゃんになってしまいます)

退院の迎えに行く様子

退院の向かいに行った日ですが、なんとさねしげの左目が赤くなっていたので厳しく尋ねると、朝はしゃぎ過ぎてぶつけたのではないかとの獣医さんの説明でしたが、帰ってから奥さんが、実は入院前から少し左目が赤いのが気になっていたとのこと…

その場で検査してもらい目薬を処方してもらい、追加目薬料金2、160円でした。

注射などは微動だにしないものの、目の検査はさすがに怖かったのか、キュウキュウ泣いて私に助けを求めてきて少し可愛かったです。

エリザベズカラーも気持ち悪そうで、付けてもらう時も若干戸惑っていました。

然しながら、診察室を出た途端に楽しそうにはしゃぎ出したので安心しました。

帰宅してからは、いつもと異なり甘えた声を連発したり、変わった声をたくさん出していたので、甘えたかったのでしょうか?

帰ってきてからの最初のご飯ですが、我慢できずに待てを聞かずに食べてしまいましたが、今日は許すことにしました。大好きなビオフェルミンを食べてご機嫌な模様です。

この際、エリザベスカラーを一旦外しましたが、付け直すのが大変でした。

私一人では付けられません

だが、一番厄介なのは目薬だった。。

これ難し過ぎるんですけど!!!!!!!!!!!!!!!!!

当然1人ではできず、2人がかりでおやつで釣って注意を逸らし、その隙に迅速に目薬を入れましたが、尋常ではないほど大変でした。

何かうまくやるコツとかあったら教えて欲しいです(?)

退院後の家での様子

薬を飲ませようと直接与えたら、美味しい部分しか食べなかったのでご飯に入れて食べさせましたた。

そして、昨日も苦戦していた目薬ですが、これはおやつで釣りつつ2人でやらないと厳しい。

一番面白かった出来事は、マンションの排水洗浄があったんですが、さねしげはこの音が心底怖かったようで身体をブルブル震わせていましたw

それなのに、立ち上がって体を乗り出して様子を窺います。

表情もいかにも怖いですという感じで耳も寝ていました(写真撮ればよかった…

ここで想像だにしていないことが起き、さね丸くんは怖すぎてウンチを漏らしてしまいました。

怖すぎて立ったままでてしまったようです、、こんなことあるんだと驚きました。

このわずか30分くらい前にもウンチをしていたのですが、その際は少し柔らかかったのでお腹の調子が悪かったのかと心配していたので、ちゃんと固いやつで安心しました。

最近、「伏せ」の指導を始めているのですが、私たちが補助して態勢を整えてあげないと出来ません。

夜ご飯の時間になり、ご飯をあげたのですが、手術の後で「待て」が出来なくなっているのが気になっていたのですが、少し調子に乗っている感じがあるので注意しました。

怒られたのが嫌だったのか、その後のトイレは盛大に失敗していました。

うっかりミスなのかわざとか判断しかねる難しいやつです。

元気が有り余っている感じはとても良いのですが、病院で甘やかされたのか少し言うことを聞かなくなってい

退院後のエリザベスカラー装着での散歩の様子

術後にまず気をつけなければならないのは、やはり傷口のケアです。

犬に限らず、動物はどうしても傷口をなめてしまう傾向にあるので、それにより化膿してしまうことがあります。雑菌などが入り、化膿してしまうとますます傷の治りが悪くなり、最悪の場合、縫合しなおすこともあるそうです。退院後は締め付けすぎない程度にフィットする服を着せたり、エリザベスカラーをつけるなどでなめてしまわないようにとの指示を受けました。

さて、さねしげは術後数日経過しましたが、1週間はエリザベスカラーをつけるよう指示されたので、散歩の時もずっと付けています。

術後2日〜3日後くらいには散歩を再開させました。

さねしげは邪魔で嫌みたいなのですが、これは見ている方にとっては一生付けていて欲しい、いや、むしろ柴犬の標準装備として備わっていてもいいんではないか?と思ってしまうほど素敵な可愛さだと思います。

実際、さねしげは散歩中に可愛いワンちゃんがいると褒められることが多いのですが、エリザベスカラーを付けていると、信じられないくらい声を掛けられます。

実際これは常軌を逸した可愛さだと思います❤️

私の闇に沈んだ心を何とか沈めてくれます

興奮しすぎて後ろ足で立って歩いてしまいます( ͡° ͜ʖ ͡°)

体重管理 術後は太りやすくなるので要注意と言われますが…

避妊手術を行うと、ホルモンバランスが変化することなどにより、手術前と同様の食事や運動のままだと太ってしまう傾向にあると指摘されておりますが、1年以上経過した現在でもさねしげには特段変化がありませんでした。

病院カテゴリの最新記事